社会人がTOEICを勉強する5つのメリット【初心者におすすめの勉強法も紹介】

留学TIPS

  • 働きながらTOEICの勉強がしたい
  • 社会人がTOEICの勉強をしてどうなるのか
  • TOEICの勉強を初めてするが、勉強の仕方がわからない

このようなお悩みや疑問はありませんか?

今回のブログでは、TOEICが転職や昇進でどのように役に立つのか、働きながらどんな勉強ができるか、初心者でもおすすめの勉強法があるのかなどを紹介します。

この記事で得られること
・社会人がTOEICの勉強をするメリット
・社会人のTOEIC平均スコア
・働きながらできる勉強
・初心者でも始められるTOEICの勉強法

本ブログの著者は、海外留学エージェントを運営していて、数多くの社会人留学、英語学習のサポートをしてきました。

また、現在は国内留学施設も運営しており、当施設に入校して頂いた生徒さんのひとりひとりに合った勉強方法を提案し、TOEICスコアを最高150点以上、平均でおよそ100点以上伸ばした実績があります。

TOEICの勉強はなぜ必要なのか?5つのメリット

1 自信がつく

TOEICでスコアアップするということは、自分自身で勉強をして成果を出すことです。

勉強をすれば自分はこれだけの力がつく!という自信がつき様々なことに取り組めるようになります。

自信がつけば、更に上の英語力を目指したり、新たな学びも前向きに取り組めるようになります。

2 視野が広がる

英語力がつけば、情報を知る際も日本語だけでなく英語での情報も知ることが出来ます。

英語は世界的に使われている言語のため、世界中の様々な人の考えなどを知ることができ、視野を広げられます。

広い視野を持てば、新たなアイディアも生まれやすくなり、会社や日常生活でも役に立ちます。

3 昇進・昇格に役立つ

企業によっては、昇進・昇格の際に既定のTOEICのスコアがなければならない企業もあります。

TOEICのスコアが高ければ、夢の海外赴任も実現できるかもしれません。

詳しくはこちらの記事で詳しく紹介していますのでご確認ください。

【2021年版】国内・外資系企業が採用者に求めるTOEICスコアまとめ

4 ビジネス英語の力がつき仕事の幅が広がる

TOEICの問題には、会社での場面をイメージした問題も出題されます。

また問題作成は、実際に英語圏で生活をしたことがある人や仕事をしている人が関わっているので、ネイティブな英語表現を利用した問題ばかりです。

そのため、勉強していくうちにビジネスで使える表現や単語が自然と身につくので、身に着けた英語力を仕事で生かすことが出来ます。

5 周りの見る目が変わる

TOEICのスコアアップが実現すれば、周りの人からの信頼も厚くなります。

「この人は、自分でしっかり勉強したから、TOEICで結果を出せた人」

というような、「優秀」「勤勉」なイメージを持たれるようになります。

また、「英語力があるから、英語が必要な業務はお願いしよう」

など、一目置かれた存在になること間違いなしです。

 

社会人のTOEIC平均スコア

社会人がTOEICを勉強する5つのメリット【初心者におすすめの勉強法も紹介】

これからTOEICの勉強を始める方は、大体どのくらいのスコアが良いのか想像がつかないと思います。

まずは、大体のイメージを付けるために平均スコアはどのくらいなのか確認しておきましょう。

日本でTOEICテストを運営しているIiBCのデータによると、社会人、TOEIC受験者全体の平均スコアは以下のとおりでした。

社会人 全体
2019年度
(人数)
612
(346,611)
588
(830,954)
2018年度
(人数)
603
(411,292)
580
(979,474)
2017年度
(人数)
607
(399,738)
582
(961,440)

参照:IiBC「DATA&ANALYSIS 2020」

過去3年の分のスコアから、TOEIC受験者の平均スコアは社会人が約600点、全体が約580点でした。

思ったより高いでしょうか?それとも低いでしょうか?

あくまでも、このスコアは平均なので、このスコアより上のスコアも下のスコアも当然あります。

平均スコアは一つの参考として考えてください。

 

どうすれば働きながらTOEICの勉強ができるようになるか?

多くの社会人は、仕事以外で勉強をすることが難しい・できないと考えます。

しかし実際は、時間の使い方次第で、TOEICをはじめ英語の勉強をすることは可能です。

どのようにすれば勉強が出来るようになるでしょうか?

1 一日のスケジュールを決めて、勉強を習慣化させる

まずは、勉強の時間を固定化することから始めます。そのためには、平日や祝日のスケジュールを大まかに決めなければなりません。

ある程度のスケジュールが決まれば、”この時間は〇〇をする時間”というように時間を意識して生活することができ、勉強の習慣化にも繋がります。

TOEICの勉強の時間が固定されれば、継続して勉強しやすくなります。

2 隙間時間で英語脳を鍛える

通勤時間や、友人との待ち合わせまでの待機時間など、皆さんは何をして過ごされますか?

多くの方がなんとなくスマートフォンを見ているのではないでしょうか。

もし、その時間を英語学習の時間に当てられたら、一日の英語に触れる時間がグッと増えますよね?

その時間には、

  • 英語で書かれた記事やSNSの投稿を読む
  • 英語学習のアプリに取り組む
  • 英語のラジオ・ポッドキャストを聞く
  • 英語のドラマや動画を見る

以上のことを行うと、何となく過ごす隙間時間も、英語の学習時間に変えることができます。

常日頃から英語に触れていると、英語への意識も変化し少しずつ英語脳が作られていきます。

英語脳が作られれば、TOEIC試験の際の沢山の英語に戸惑うことなく解けるようになります。

3 TOEICに特化した英語スクールに通う

社会人になると学生の時とは違って、時間に余裕はなくても、お金には少し余裕が出てきますよね?

その余裕を自己投資として、英語スクールの費用に充てて勉強をすることもおすすめです。

TOEICに特化したコースを受講すれば、専門の講師に直接TOEICスコアアップのポイントを聞くことが出来ます。

また同じ志を持った他の生徒の方と一緒に学べるコースもあるので、モチベーションの維持や向上にも役立ちます。

 

英語学習初心者のTOEIC勉強法

「英語学習は学校卒業以来全くしていなくて、全部忘れてしまった。」「何から勉強すればいいかわからない。」という英語学習初心者の方もいますよね。

そんな方は、まずは単語学習から始めましょう!

できるだけ早くスコアを上げたいからと、いきなり問題集を解いてもスコアアップには繋がりにくいです。

ボキャブラリーが増えれば問題文の読解力も自然とついてきます。

その後に、文法、そして最後に問題集という流れで学習を進めていくことが良いでしょう。

初心者の方向けのおすすめの勉強法や参考書はこちらで紹介していますので、ご確認ください。

【TOEIC500点は英語初心者?!】英語の基礎を固める勉強方法

 

ECヴィレッジの国内留学はTOEICのスコアアップに最適?

ECヴィレッジでは、TOEICスコアアップのためのコースを複数用意しています。

1 TOEIC短期集中講座(合宿)

一週間の期間を利用して、集中してTOEICの学習をするコースです。

学習時間は1日およそ10時間!(義務自習時間含む)

既に多くの方のスコアアップの実績があり、TOEICコースの中で一番人気のコースです。

詳しくはこちらをご確認ください。

TOEIC®︎短期集中講座(合宿)

2 TOEIC試験対策コース

ECヴィレッジの通常の一般留学コースのスケジュールで、TOEIC対策ができるコースです。

期間は1週間~ご自身の好きな期間を設定して留学可能なのが、このコースのポイントです。

短期集中講座と違い、マンツーマンのオンラインレッスンもあるため、自分の学びたいところを集中的に学ぶこともできます

オンラインレッスンは英語が公用語であるフィリピン人の講師が担当するのでよりネイティブに近い英語を勉強することが出来ます。

詳しくはこちらをご確認ください。

TOEIC試験対策コース

3 TOEICオンライン短期集中講座

短期集中講座やTOEIC試験対策コース留学をするためのまとまった期間が取れない方は、こちらのオンライン集中講座がおすすめです。

仕事や学校で平日の日中はレッスンが受けられない方のために組まれたスケジュールで9日間参加してもらい、100点以上のスコアアップを目指します。

また、オンラインレッスンだけでなく、TOEICに特化した講師による個別相談会も実施されるため、自身の弱点も改善してスコアアップが目指せます。

詳しくはこちらをご確認ください。

オンラインTOEIC短期集中講座

以上のTOEICコースの他にも、英語に慣れるために国内留学を体験してみたいという方向けの一般留学コースもご用意しています。

お気軽にお問い合わせください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
是非私たちに、皆さんの英語学習のサポートをさせていただければと思います。

当社ECヴィレッジでは、大阪府泉佐野市(なんばから電車で一本40分)に校舎を構え、国内留学先として生徒さんを受け入れております。

当社ECヴィレッジにご興味をもたれた方はLINEにてお気軽にご相談ください。

\ お見積もりもすぐに作成します! /
LINEで相談する

関連記事一覧