【VERSANT】TOEIC換算スコアを徹底解明!海外赴任目安は?

留学TIPS

「VERSANTを受験することになったが難易度が分からない」
「TOEICとのスコア換算目安が知りたい」
「自分の英語スピーキング力がどれぐらいか知りたい」

このようなお悩みはありませんか?

この記事では、VERSANTとTOEICの出題内容の違いや、公式の発表する換算点をもとに、VERSANTのスコア目安を提示していきます。

この記事で得られること

・VERSANTとTOEICのメリット
・VERSANTとTOEICの出題内容の違い
・VERSANT公式発表のTOEICスコアとの換算目安

国内留学事業、海外留学エージェントを運営しており、今までに1000名以上の英語相談を受けた経験をもとに解説していきます。

この記事を読むことで、VERSANTスコアとTOEICスコアの換算得点を理解し、VERSANT受験の目標を立てることができます。

 

VERSANTの基本情報

VERSANTとは

VERSANTとは、実践的な英会話能力を測る、AI採点型の英語スピーキング試験です。

日本国内での提供開始は2015年と比較的新しい英語試験ですが、実践的な英会話力を測るテストとして、国内外の企業・政府機関、海外赴任など様々な場面で活用されることが増えています。

試験はすべてオンラインで行われ、スマホやパソコンがあれば24時間365日好きなタイミングで受験をすることが可能です。

VERSANT受験のメリット

VERSANTを受験するメリットは、実践的なスピーキング能力を正確に測定できるという点です。

TOEICの試験を目標に英語学習を進めたものの、実際に英語を話すとなるとネイティブとうまくコミュニケーションが取れなかったという経験はありませんか?

VERSANTでは、「英語で質問を聞いて、英語で回答する」という形式でテストを行うため、実際の会話で必要な、リスニング能力とスピーキング能力の両方が試される試験となっています。

採点は、数千人以上のネイティブスピーカー・英語学習者の音声データをもとに作成されたAIを利用して行われます。

そのため、採点者の主観によるスコアのブレがなく、日々の英語学習の進捗を測るのにも役に立つ試験であるといえます。

VERSANTの出題形式

VERSANTの試験時間はおよそ20分で、問題総数は63問です。

VERSANTの問題はパートAからFの6つに分かれています。

パートA 音読(8問) テスト用紙に記載されている文章を指示された順序で声を出して読むことで「発音」「流暢さ」を診断
パートB 復唱(16問) 音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返すことで「発音」「流暢さ」「文章構文」を診断
パートC 質問(24問) 質問で使用された単語を使って回答することで「語彙」を診断
パートD 文の構築(10問) 3つの単語リストを聞き、その中の単語を使って文章を正しく作り答えることで「流暢さ」「文章構文」を診断
パートE 話の要約(3問) 短い物語を聞き、30秒間で自分の意見を要約することで「発音」「語彙」「流暢さ」「文章構文」を診断
パートF 自由回答(2問) 簡単な質問に対して、自由に回答することで「発音」「語彙」「流暢さ」「文章構文」を診断

採点のときには以下の4つの観点から評価されます。

文章構文 30% 文章構文は、発言を把握し、それを逐語的に発話する能力です。構文力や文章内における適切な単語、句、および節の使用の習熟度によりスコアが判定されます。
語彙 20% 語彙力は、構文中の日常的かつ一般的な単語を理解し、自在に表現する能力です。日常的な単語の形式と意味の理解、また関連する発言におけるそれらの用法の熟達度によりスコアが判定されます。
流暢さ 30% 流暢さは、文章の組み立て、読み、反復の際のリズム、区切り及びタイミングの取り方の能力です。
発音 20% 音 発音は、文脈においてネイティブ同様に子音や母音を発音し、強勢を置くことのできる能力です。日常単語の音韻構造の知識によりスコアが判定されます。

それぞれの観点は20~80点で採点され、20~30%の比重をつけた合計がVERSANTの総合スコアとなります。

 

VERSANTとTOEICのスコア比較

CEFRの基準を利用したスコア比較

言語学習者の習得レベルを判断するための国際的なガイドラインであるCEFRを介してVERSANTとTOEICを比較すると以下のようになります。

CEFR VERSANT TOEIC Listening TOEIC Leading
C2 79-80
C1 69-78 490- 455-
B2 58-68 400-489 385-454
B1 47-57 275-399 275-384
A2 36-46 110-274 115-274
A1 26-35 60-109 60-114
<A1 20-25 -59 -59

日本人のVERSANTの平均スコアはおよそ38点であり、CEFRではA2にあたります。

その一方、TOEICの平均スコアは Listeningが約335点、Leadingが約280点です。CEFRではB1となっており、VERSANTのときと評価に差が出ています。

CEFRの評価に差が出ている理由は、VERSANTがスピーキング・リスニング能力を測るテストである一方、TOEICがリーディング・リスニング能力を測っているためです。

日本の英語教育の性質上、日本人はリーディングが得意で、スピーキングが苦手という傾向があります。その傾向が評価の違いに現れています。

自分の得意不得意を加味したうえで、2つの試験を比較してみてください。

得点分布から見るスコア比較

続いて、VERSANTとTOEICのスコアの分布から比較していきます。

上のグラフを見ると、TOEICスコアが900点以上の英語上級者といわれる人でも、VERSANTスコアでは40点ほどの開きがあるということが分かります。

これは、TOEICで高得点を取る人が必ずしも英語で流暢に話せるわけではないということを示しています。

しかし、VERSANTで高スコアを取っている人の多くはTOEICでも高い得点を獲得しています。

英語力を向上させるのに重要なのは、日本人が苦手とする英語でのスピーキングを重点的にトレーニングすることです。

目標を立てるなら

VERSANTを受けたことがない方は平均点である38点、自分の英語力に自信がある方や英語を使ってビジネスをする方は、海外赴任目安である47点を目指してみましょう。

また、VERSANTは受験の回数や頻度に制限がないので、まずは試しに受験をしてみることもお勧めします。

受験をすることで発音や文章の組み立て方など、自分の不得意な分野が明確になり、今後の学習を進めやすくなります。

あなたがスピーキング力に自信がないなら、国内英語留学がおすすめです。

ECヴィレッジ

国内英語留学の「ECヴィレッジ」では、日本国内にいながら留学と同じような英語漬けの生活を送ることができ、同じ目的や目標を持った仲間と切磋琢磨しながらの英語学習が可能です。

日本人に合わせた学習カリキュラムで短期間での英語会話力向上が可能となっており、テスト前の最後の追い込みにも最適です。

一人ひとりに合った国内留学プランの提案も可能です。ぜひ一度LINEにてお気軽にご相談ください。

\ お見積もりもすぐに作成します! /
LINEで相談する

 

まとめ

VERSANTとTOEICはどちらも英語試験ですが、問われる英語の技能や難易度については違いがあります。

自分の目的や目標に合わせて、英語学習に取り組んでみてください。

関連記事一覧