国内留学と海外留学の費用を徹底比較【50%安くなる?】

未分類

英語を学ぶ上で、必ず候補として上がるのが語学留学ですよね。

その際にこのような事に悩んでいませんか?

国内で留学気分が味わえるの?費用はどれくらい違うの?
それぞれのメリット、デメリットが知りたい。
そして、どうやったら費用を抑えつつ、短期間で英語が学べるのか知りたい。

この記事で得られる事
・国内留学と海外留学の比較
・それぞれのメリット、デメリット
・留学費用の比較
・留学の費用を抑える方法
・オススメの国内留学校

この記事を書く私は、実際に1年以上の留学経験があり、留学エージェントを現役で運営しています。
プロ目線で国内留学と海外留学の違いを調べましたので、信頼性は高いはずです。

 

国内留学と海外留学の比較

日本で留学するのと、海外で留学するのはやはり大きな違いがあります。
結論としては、それぞ魅力があるので比較できない。というのが正直なところです。

特徴を比較しながら、それぞれ見ていきましょう。

1ヶ月国内留学海外留学
留学費用海外留学の約1/3〜1週間
18万円〜
治安良い不安
国際交流
英語力向上

私はフィリピン留学、オーストラリアワーホリを経験しています。
「国内で留学なんて何も得られることがないじゃん」という気持ちもわかります。

海外でしか得ることができない経験ももちろんありました。
しかし、国内留学ならではの魅力も多いです。

例えば、
「治安が良い」
「アクセスが良い」
「日本人の英語学習に特化したカリキュラム」は国内留学の大きなメリットです。

・仕事で忙しい社会人の週末留学
・海外へ渡航させるのは不安なお子様の留学
との相性は良いです。

また、留学前の事前準備として、国内留学で短期間で基礎を固めてから海外に渡航するという使い方もできます。

「国内留学の海外留学どちらが良いか?」
ではなく、両方をうまく使い分けることが重要です。

 

国内留学・海外留学をオススメできる人

それぞれにオススメできる人をまとめてみました。

あなたはどちらに当てはまるでしょうか?

国内留学に向いている人

・英語+αで社会を生き抜くうえで大切なスキル、経験も学びたい

・海外留学を検討しているが、英語力初級者

・短期間で集中的に英語学習がしたい

・治安を気にする事なく留学したい

・英語学習仲間を見つけたい

 

海外留学に向いている人

・海外の雰囲気を味わいたい

・すでに英語力が初中級レベル

・ネイティブの友達が欲しい

・海外での生活に憧れている

・実践的に英語を使いたい

ご覧いただいた通り、留学とはいえど、それぞれ目的が異なります。

もう一度、あなたの留学の目的を再確認し、どちらが向いているのか?を考えてみましょう。

 

留学費用の比較

実際に海外留学に行くとなれば、授業料や宿泊費の他に、ビザ代や航空券、海外保険代が必要となってきます。

では、1週間・1ヶ月間留学する際に必要な費用を比較してみましょう。

<比較対象>
国内留学:ECヴィレッジ
フィリピン、オーストラリア:5校の平均額

 

1週間の留学費用

国内留学フィリピン留学オーストラリア留学
授業料・宿泊費4,9万円8万円17万円
ビザ代0円3万円0円
生活費0,7万円0,6万円3万円
航空券代0.5万円8万円10万円
合計6,1万円19,6万円30万円

 

1ヶ月の留学費用

国内留学フィリピン留学オーストラリア留学
授業料・宿泊費15,8万円18万円26万円
ビザ代0円3万円0円
生活費3万円2,5万円8万円
航空券代0.5万円8万円10万円
合計19,3万円31,5万円44万円

留学する国の中で1番費用が安いと言われているフィリピン留学ですが、意外とビザ代や航空券代などを含めると諸経費が高くなる傾向にあります。

それでもオーストラリアやカナダと比べると費用は安く抑えれます。

 

留学の費用を抑える4つの方法

留学費用はできるかぎり安く抑えたいですよね。

コスパよく、無駄なお金を払う事なく留学する方法をお伝えします。

 

1.1ヶ月以内の留学は国内がおすすめ

海外留学は、期間が短くなるほどコスパが悪くなります。

理由として、航空券や学校に通うための就学許可証は、期間に関わらず同じ費用が発生する為。

特に1〜2週間で「英語を短期で伸ばしたい!」が留学目的であれば、国内留学がおすすめです。

 

2.航空券代の安い国を選ぶ

当然、日本から距離が離れるほど航空券代は高くなります。

比較的航空券の安い国は、フィリピン、オーストラリアですね。
アメリカ、ヨーロッパ圏は往復で10万以上の高額となるので財布に余裕がない人は避けた方が良さそうです。

日本だと最近はLCC(格安航空会社)も豊富にあるので、航空券は数千円で済みます。

意外と留学費用を圧迫する航空券は、見落としがちなので要チェックです。

 

3.国内留学を選ぶ

近年、注目を浴びている格安国内留学。

英語力を短期で伸ばすという目的であれば、留学の中では魅力的な選択肢となります。

1泊2日の週末留学や、シェアハウスに近い長期留学など、

リモートワークが主流になりつつこのご時世で、忙しい方も「国内なら留学してみたい!」という方も多いです。

そして費用も大幅に抑えることが可能。

 

4.人件費・物価の安い国を選ぶ

留学費用を安く抑えたい人は、人件費、物価の安い国を選びましょう。
比例して、留学費用も安くなります。

例えば、フィリピンやマルタは格安留学先として人気ですが、これも人件費や物価が大きく関係しています。

安かろう悪かろうなのかと思う方も多いですが、多少インフラ面で整っていないことがありますが、講師の質に関して大きな差は無いのでご安心ください。

 

オススメの国内留学学校3選

1.ECヴィレッジ

特徴
・国内最安値で留学ができる
・授業は全てオンラインレッスン
・古民家に滞在しアットホームな雰囲気
・田舎ならではの体験ができる

ECヴィレッジ
留学費用1週間:2~3人部屋:49,500円(マンツーマン4コマ/義務自習2コマ)
4週間:2~3人部屋:198,000円(マンツーマン4コマ/義務自習2コマ)
留学場所大阪府泉佐野市
URLhttps://ec-v.com/

 

2.アチーブイングリッシュキャンプ

特徴
・富士山が見える河口湖に校舎を構える
・施設が整っている
・1日8コマのグループ授業
・徹底したEOP制度(母国語禁止)

アチーブイングリッシュ
留学費用3泊4日プラン:1~2人部屋:82,500円(グループ8コマ/テスト2コマ、3食)
7泊8日プラン:1~2人部屋:150,000円(グループ8コマ/テスト2コマ、3食)
留学場所山梨県河口湖
URLhttps://achieve-english-camp.jp/

 

3.British Hills

特徴
・英国文化にふれる「英国疑似体験プログラム」
・外国人講師同席のお食事
・スタッフが異文化学習を多面的にサポート
・英国をモチーフにしたお部屋での宿泊

British Hills
留学費用1泊2日:1泊2日:65,000円(レッスン4回、3食)
7泊8日:6泊7日:290,000円(レッスン20回、15食)
留学場所福島県新白河駅
URLhttps://www.british-hills.co.jp/

 

国内留学と海外留学の費用を徹底比較のまとめ

いかがでしたでしょうか?

海外留学以外にも、国内留学という新しい選択肢を知らなかった方も多いのでは無いでしょうか?

自身の目的に合わせて、様々な留学スタイルを検討していただければ嬉しいです。

 

当社ECヴィレッジでは、大阪府泉佐野市(なんばから電車で一本40分)に校舎を構え、国内留学先として生徒さんを受け入れております。

国内留学にご興味をもたれた方はLINEにてお気軽にご相談ください!

\ お見積もりもすぐに作成します! /
LINEで相談する

関連記事一覧