TOEICで大学生の目標点は750点!?就活までにスコアアップ!おすすめの勉強方法とは?

留学TIPS

  • HOME
  • ブログ
  • 留学TIPS
  • TOEICで大学生の目標点は750点!?就活までにスコアアップ!おすすめの勉強方法とは?
  • 大学生のTOEICの目標スコアが知りたい
  • 就活までになるべく早くスコアを上げたい
  • スコアアップのための勉強方法が分からない

このような疑問やお悩みはありませんか?

今回のブログでは、大学生が就職活動においてアピールとなるTOEICの目標スコアを提案し、スコアアップするためのおすすめの勉強方法を紹介します。

この記事で得られること
大学生のTOEIC平均スコア
・企業が採用時などに求めるスコア
・就活でアピールとなるTOEICの目標スコア
・スコアアップのための勉強方法

本ブログの著者は、海外留学エージェントを運営していて、数多くの社会人留学、英語学習のサポートをしてきました。

また、現在は国内留学施設も運営しており、当施設に入校して頂いた生徒さんのTOEICスコアを最高150点以上、平均でおよそ100点以上伸ばした実績があります。

 

大学生と受験者全体の平均スコア

日本でTOEICテストを運営しているIiBCのデータによると、大学生、TOEIC受験者全体の平均スコアは以下のとおりでした。

大学生 全体
2019年度
(人数)
574
(275,876)
588
(830,954)
2018年度
(人数)
567
(322,992)
580
(979,474)
2017年度
(人数)
565
(320,249)
582
(961,440)

参照:IiBC「DATA&ANALYSIS 2020」

過去3年の分のスコアを見てみると、TOEIC受験者の平均は大学生が約570点、全体が約580点というような結果になっていることが分かりました!

 

国内企業への就職において必要とされているスコアはどのくらい?

一部の国内企業では、新卒採用時のTOEICスコアの条件を決めているところがあります。

基準は様々ではありますが、スコアの最低ラインは500~600点です。

あくまでもこれは最低ラインなので、このスコアがあれば即採用ということではありません。

また、750点以上のスコアがあると、より多くの企業にアピールできるほか、応募できる企業も増えていきます。

その他、なぜ企業がTOEICのスコアを必要とするのか、昇進・昇格に必要なスコアについてなどは以下の記事で詳しく紹介しておりますので、ご覧ください。

【2021年版】国内・外資系企業が採用者に求めるTOEICスコアまとめ

 

大学生が目標にしたいスコア

上記の2つのスコアから、大学生が就職活動においてアピールとなる目標スコアは、750~800点ぐらいが理想です。

しかし、まだまだこの目標スコアに辿り着くのが難しいと考える方もいらっしゃいますよね。

その場合は、まず大学生の平均スコアから抜け出せる600点を目指し、その後少しずつスコアアップしていくと良いですね。

 

TOEICスコアアップ!4つの勉強方法

目標スコアが決まれば、スコアアップのための勉強が必要です。

今回は、どのような勉強をすればよいかわからない方のために、4つの勉強方法を紹介します。

そして、最後に短期間でしっかりレベルアップ出来るECヴィレッジおすすめのTOEIC合宿についても紹介します。

まずは4つの勉強方法からです。

①参考書で独学

これは皆さんにとってTOEICの勉強スタートとして、一番身近な存在ではないでしょうか?

参考書があれば勉強が出来るので費用を抑えて勉強できます。

自分のペースで勉強することが出来ますが、どのくらい力がついたのか判断しにくい点もあります。

また、書店には多くの参考書があるため、どの参考書で勉強を始めたらよいのか悩みやすいです。

メリット デメリット
  • 費用を抑えられる
  • 自分のペースで勉強ができる
  • レベルの判断が難しい
  • 教材選びが難しい

②英語学校

①の独学が難しいと思う方は次に学校に通うことを考えるのではないでしょうか。

学校にはTOEIC対策に詳しい講師がいるので、一人で解けない問題もサポートしてもらうことで、大きく時間を費やすことなく勉強が出来ます。

また、自分のレベルに合った内容で勉強ができたり、他の生徒の方と共に勉強することが出来るため、モチベーションの向上にも繋がります。

しかし、学校に通学する必要があることや、プランによっては授業料が高くなってしまうこともあります。

メリット デメリット
  • サポートしてもらいながら勉強ができる
  • レベルに合った勉強がしやすい
  • 仲間と一緒に勉強ができる
  • 通学しなければならない
  • プランによって授業料が高くなる

③オンライン英語

コロナウイルスの影響で、非接触で授業が出来るオンライン英語も最近では人気があります。

通学の必要もなく自分の希望の時間帯で学習ができるので、気軽に勉強を始めることが出来ます。

対面授業と比べて費用は抑えられますが、どちらかというとリスニングやスピーキングに力を入れていることが多いです。

通信環境や機材の用意をするためには、別途費用だけでなく、その知識も必要となってきます。

また、授業中に通信障害が起きてしまうとストレスに感じてしまう場合もあるかもしれません。

メリット デメリット

  • 対面授業より費用を抑えられる
  • 通学不要
  • 好きな時間で勉強がしやすい

  • 別途通信費がかかるなど、オンラインのための準備が必要
  • TOEIC対策専門のコースが多くない

④国内留学

コロナウイルスの影響でオンライン学習の次に登場したのが、国内留学です。

国内留学とは、日本国内でも海外留学のように英語を学び、新しい環境で生活をすることです。

海外留学のように頻繁な国際交流はまだ少ないですが、英語を学ぶという同じ思いを持った人たちと一緒に生活できるのはモチベーションの向上にも繋がります。

また、ECヴィレッジでは対面授業とオンライン授業があり、ひとりひとりのレベルに合わせた授業内容で留学することが可能です。

しかし「留学」するためには、ある程度のまとまった時間が必要です。

メリット デメリット
  • 勉強できる環境が整っている
  • モチベーションが向上しやすい
  • 対面とオンラインの両方で勉強ができる
  • 海外留学のような国際交流はまだ難しい
  • まとまった時間が必要

 

ECヴィレッジでスコアアップしよう!

大阪府泉佐野市にあるECヴィレッジでは、TOEICスコアアップを目指す全ての方のために3つのTOEICコースを用意しています。

コースの期間や勉強方法も様々なので、ひとりひとりに合ったコースのご案内も可能です。

その中でも、短期間でグッとスコアアップを目指す方におすすめなのが「TOEIC短期集中講座(合宿)」です!

TOEIC短期集中講座(合宿)

このコースは、1日10時間の勉強時間確保した時間割で6日間過ごしていただきます。

TOEIC対策のプロ講師の授業のほか、授業で学んだことを実践で活かせる勉強も出来ます。

少人数の対面授業なので、講師も生徒の皆さんをしっかりサポートすることが可能です。

既に多くの生徒さんが参加し、この合宿でスコアを平均で100点もアップさせることができています。

詳しくはこちらの詳細をご覧ください。

またこの「TOEIC英語合宿」の他にも、

もご用意しております。

自分のペースに合った勉強方法でぜひTOEICのスコアアップを目指してみてください!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
限られた期間でTOEICのスコアアップをするためにも、是非私たちに、皆さんの英語学習のサポートをさせていただければと思います。

当社ECヴィレッジでは、大阪府泉佐野市(なんばから電車で一本40分)に校舎を構え、国内留学先として生徒さんを受け入れております。

当社ECヴィレッジにご興味をもたれた方はLINEにてお気軽にご相談ください。

\ お見積もりもすぐに作成します! /
LINEで相談する

関連記事一覧