【上位〇!?】TOEIC900点に到達するための勉強法と勉強時間

留学TIPS

  • 英語を集中して勉強できる環境が無い。
  • TOEICで900点を目指しているが、800点台で苦戦している。
  • 必要な勉強量、参考書がわからない。

このような、悩みをお持ちではありませんか?

今回のブログでは、TOEIC900点の有効性や、スコア900点を取るための効果的な勉強法をご紹介いたします。

この記事で得られること
・企業からみたTOEIC900点の評価
・900点獲得に必要な勉強時間
・TOEICスコアを短期で急成長できる学習施設の紹介

本ブログの著者は海外留学エージェントを運営していて、英語力を伸ばすための国内留学施設も運営しております。

また当施設に入校して頂いた生徒さんで、TOEICスコアを最高200点以上伸ばし、1週間の超短期プログラムで100点以上伸ばした実績があります。

これらの経験を踏まえて今回のブログでは、自信をもって、TOEICの勉強方法や有効性についてご紹介させて頂きます。

 

始めに、TOEIC900点以上獲得に必要な勉強時間はどれくらい?

TOEIC900点到達に必要な勉強時間

出典:Oxford University Press『A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success』P.6

こちらの表は米国のオックスフォード大学出版局から発行されている指南書に掲載されており、信頼できる計算方法に基づいております。

学習者によって勉強時間に個人差はありますが、目安として考えられる勉強時間は以下のようになっております。

TOEIC450点から950点
1300時間/1日3時間の学習で約430日

TOEIC550点から950点
1050時間/1日3時間の学習で約350日

TOEIC650点から950点
825時間/1日3時間の学習で約270日

TOEIC750点から950点
600時間/1日3時間の学習で約200日

TOEIC850点から950点
325時間/1日3時間の学習で約110日

義務教育から高校・大学まで英語を勉強したと仮定すると、その平均的な英語力は約400点ほどなので、そのスコア帯から900点獲得までの必要学習時間を記載しました。

学習者によって勉強時間に個人差はありますが、高得点をとるには多くの勉強量を要求されることがわかります。

また、スコアが高くなればなるほど、同じ点数分を上げるのに学習時間が必要となっていきます。

800点到達が一般的に難しい壁と考えられていますが、さらに難しいとされているのは800点台から900点までの道のりです。

学習してきた知識を忘れないことはもちろん、より難しい専門用語や英語表現を覚えなければいけないからです。

初級から中級までは順調にステップアップが出来た中級者でも、上級に向けてスコアの伸び悩みに苦しむのは、上記のような理由が関係しております。

TOEIC900点獲得はあくまで1つの学習過程にすぎません。

900点獲得後の英語力を使って仕事やこれからの生活に活かしたいと考えている方が多くいらっしゃると思います。

ですので、勉強時間は目安にすぎないので最終目標に向けてモチベーションを維持するためにも、数段階のステップに分けて着実に勉強し、英語を身に着けていきましょう。

TOEIC900点以上の保持者割合

上記のグラフでは2019年度6月に実施されたTOEIC受験者のスコア分布を表しています。

こちらのグラフから分かることは、TOEIC900点以上を保持しているのは総受験者のわずか3%程しかいないということです。(※895点を≒900点と仮定)

3%と言われると「たったそれだけ?」と思う方がいらっしゃるかと思います。

ですが仮に日本人全員がTOEIC試験を受験したとすると、総人口に対する3%なので、約400万人の方がTOEIC900点以上を保持していると言えます。

このように考えると、「勉強すれば自分も取れるのでは?」と思いませんか?

実際にその通りであくまでも言語の1つなので、とても大変ではありますが、地道で継続的な努力ができれば、誰でも獲得可能なのです。

 

TOEIC900点保持者の英語レベルと就職・転職市場での価値

TOEICは英語の技能を測るテストとして有名ですが、多くの企業が採用活動や昇級の条件に採用していることでも有名です。

そんな有名な試験でほぼ満点近く取るTOEIC900点以上保持者が、どのくらいの英語力なのか見ていきましょう。

900点~990点(満点)の人特徴

ネイティブスピーカーと対等に会話ができ、英文で的確な文章を書くことができる。

英語力が高い人材のため、海外に顧客がいたり視点がある企業からみて、極めて魅力的である。

外資系企業に勤めることが可能で、業務上で英語に困ることはないといえるレベル。

前述したように、TOEIC900点オーバーの割合は約3%とかなり貴重な存在なので、国際部門や海外駐在員への候補として採用してもらえる可能性も高いです。

企業が新卒社員へ求めるTOEICスコアは約600点といわれているため、TOEIC900点あればライバルとかなりの差をつけることができます。

当たり前ですが、中途採用の場合はこれまでの実務経験が重視されるため、TOEICスコアのみで勝負することはできません。

これまでの仕事の実績と英語力の両方をうまくアピールすることができれば、キャリアアップに繋がることは間違いないです。

 

900点以上獲得のための勉強法

TOEIC900点に到達できない人の英語力は何が不足しているのか、考えられる要因を4つまとめてみました。

①文法知識

高校・大学受験レベルまでの文法知識は一通り習得しているはずですが、長文読解になると理解に時間がかかっている可能性があります。

関係代名詞や分詞構文を用いた長文を、できるだけ早く読む練習をしましょう。

また、Part6,7の長文読解で読み返りしてしまう人は、正確性とスピードを保ちながら読み返りをせず冒頭から一気に読み進める練習が必要です。

上記を意識しながらTOEIC公式問題集を解けば、効果的に勉強ができます。

②単語知識

TOEIC800点と900点との間にある大きな壁は「どれだけたくさんの単語を知っているか」と言われております。

Part7での長文問題では口語表現と文語表現のどちらも使われており、同じ意味でも違う言い回しを用いるケースが多くあります。

TOEICの単語帳だけでなく英字新聞や洋書に触れて、幅広く英単語を習得することをオススメ致します。

③発音知識

発音ルールに基づいて発声することができていません。

正しく発音できる音は、正しく聞き取ることができるようになり、英語の理解スピードも大幅に上がります。

TOEICのリスニングパートに限らず、実際に英語を使ってコミュニケーションをとるには、相手に伝わるように発音しなければなりません。

英語を話せるようになる為にも、発音知識は必須と考えましょう。

④時間配分

TOEICは英語の情報処理能力を測る試験なので、解答スピードが求められます。

リーディングパート解答時間75分のうち、最後まで解くために、Part5,6をそれぞれ約10分、Part7を約55分で解けるように配分する必要があります。

そのため日頃の勉強でも解答時間を意識して学習することを心がけましょう。

英語力アップに効果的な勉強方法

具体的な学習方法としては、「TOEIC公式問題集」を使ったシャドーウィングが効果的です。

「シャドーウィング」は、英語の音声を聞いて、それを追いかけるように口から発音する学習法です。

シャドーウィングを行うときには、大前提としてまずは英語を聞き取ることが必要となります。

集中力を要するので、より注意深く聞くように音声を聞くように意識するようになり、リスニング力の向上へと繋がります。

まずはリスニングのPart1、2の短文をきちんと聞き取れる力がついているか・スラスラと口から発音することができるかをチェックしましょう。

これが自然に出来るようになったら、次にPart3,4の会話文・長文にも挑戦していきましょう。

長文のシャドーイングが可能になれば、英語の理解スピード向上・読み返り回数の減少に繋がるので、リーディングパートのスコアアップにも大変効果的です。

 

オススメ参考書5冊

公式TOEIC Listening & Reading プラクティス リーディング編

リーディングセクションの公式問題318問収録。パートごとの学習テーマを計20ユニット掲載。

別冊付録「単語集(300語)+速読用英文」付きでリーディングパートを総合的に学習できます。

公式TOEIC Listening & Reading プラクティス リスニング編

リスニングセクションの公式問題333問収録(公式スピーカーによる音声)。

またパートごとの学習テーマを計20ユニット掲載しており、リスニング力を総合的に鍛えられる一冊。

英語リーディング教本

予備校の超人気講師として、衛星放送のTOEIC講師として長年培った方法論をおしみなく公開。

英語が苦手な人でも着実にステップアップできる珠玉の1冊です。

TOEIC、TOEFL、大学入試、英検など、リーディング力を試される試験の準備をしたい人、英字新聞や英語雑誌を読めるようになりたい人にとくにうってつけ。

本格派のリーディング演習書です。

※参照:AMAZON本書詳細欄

TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問

●1) 圧倒的な質と量
新形式開始後も毎回受験、毎回990点満点。そんなTEX加藤先生の著作は、クオリティの高さから、読者の圧倒的支持を得ています。

本書は、しかも、1049問収録でボリュームもスゴイ! ! Part 5で出題される文法事項を網羅した1冊です。

●2) 論理的でわかりやすい
正解への道筋を、1つひとつていねいに解説。間違い選択肢がダメな理由まで説明しているので、腹の底から納得できる内容です。

これまでなんとなく解いていた問題を、論理的に、しかも素早く解答できるようになります。

●3) 使いやすさ
本書は、左ページに問題、右ページに解説、という見開き構成。
解答後すぐに正答・解説をチェックできるので、サクサク問題をこなせます。

さらに、別冊〈文法問題1000本ノック! 〉には、本冊の問題をシャッフルしてコンパクトにまとめました。総復習や外出先での学習に最適です。

※参照:AMAZON本書詳細欄

キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 990

■センテンスの日本音声追加で学習機能がアップ!

「音声を聞くだけで英単語を覚えられる単語集」、「キクタンTOEIC」の学習機能がさらにアップしました。

米英加豪の4カ国発音で収録されているセンテンス音声に、日本語訳の読み上げ音声も追加。耳から学習が簡単になりました。

これまでの英語のみの音声もありますので、学習の進捗状況や目的に応じて、選択することができます。

また、音声もダウンロード化され、より手軽に学習できるようになりました。

■多様なライフスタイルに合わせて取り組める学習モード

「キクタンTOEIC」シリーズでは、1回の学習語彙が16語に設定されているので、1日最低2分から学習に取り組むことができます。

スキマ時間を有効に活用して、いつでもどこでも手軽に学習ができます。

※参照:AMAZON本書詳細欄

 

おすすめTOEIC合宿施設

 

TOEIC® L&R短期集中合宿プラン

ECヴィレッジでは1週間で100点以上のTOEIC® L&Rのスコアアップを目指すTOEIC® L&R集中英語合宿プランを用意しています。

現在TOEIC® L&Rスコア450~700点を保持している方を対象とした6日間の集中短期合宿プランです。

またTOEIC® L&R本試験で100点以上のスコアアップを達成した場合は、公式試験料をECヴィレッジがキャッシュバック致します。

2020年12月に初開催しまして、見事参加者全員がスコアを100点以上、上げてくださいました。

先ほど紹介しました、TOEIC公式問題集を使って模試を行ったので、実際の試験の難易度でスコアがでます。

1番伸びた生徒さんで、素点が31点も伸び、試験に換算すると130~150点ほどのスコアアップをして下さいました。

少しでも興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、お気軽にブログ終盤に載っております、公式LINEからご連絡いただければ幸いです。

TOEIC® L&R集中英語合宿プランについてもっと具体的に知りたい方はこちらまで。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私の知り合いにはTOEIC900点以上を持っている人はいますが、皆口を揃えて「めちゃくちゃ大変だった」と言っておりました。

ですが、その皆は「英語を勉強して、人生の選択肢が増えた」と楽しそうに話してくださいました。

皆さんの中にも、英語を通して何かに挑戦したいと考えている方、いらっしゃると思います。

そんな皆さんのお手伝いを私たちにさせて頂けたら大変嬉しく思います。

当社ECヴィレッジでは、大阪府泉佐野市(なんばから電車で一本40分)に校舎を構え、国内留学先として生徒さんを受け入れております。

国内留学にご興味をもたれた方はLINEにてお気軽にご相談ください。

\ お見積もりもすぐに作成します! /
LINEで相談する

 

関連記事一覧